ゴルフ好きの従兄達

プロゴルファーになる為に

子供の頃から大好きだった従兄の「お姉ちゃん」はゴルフ大好きです。
お姉ちゃんの息子も又ゴルフが大好きで将来プロゴルファーになる事が夢でスクールに通っていると聞いています。
まるで雲をつかむような話だ・・と思う中で心のどこかで「もしかすると彼なら夢を実現する事が出来るかも知れない」と淡い期待を抱き密かに応援をしています。
そしてプロゴルファーになる為には一体どんな資格や過程が必要なのだろうか?と言う疑問がふつふつと沸いてきます。
私なりに調べてみるとプロゴルファーになるには「PGA資格」が必要で「PGA資格」を取得する為の受験料やクオリティーに出場する費用は約20万円です。
みごと合格しても「PGA資格」は公認プロライセンスなので入会金、認定料、セミナー料で約80万円必要です。
費用的には想像以上に随分かかるようです。
プロゴルファーになる為の投資だと思えば良いのですが…。
一般のゴルファーとしてプロゴルファーになるよりもゴルフ場に研修生として入った方が費用的には随分安く済みます。
現代ではプロテストの門が開かれているので順調にいけば1年でプロゴルファーになれるようです。
ですが順調に行けば、実際には研修生としてゴルフ場に入っても1年でプロゴルファーになる事は不可能で長い年月がかかる事を覚悟しておいた方が良いと思われます。
更に1週間以上プレーしても疲れる事のない体力を維持する事や1日中パットの練習が出来る集中力と執着心も必要です。
そしてアベレージが80以上で平均飛距離が280ヤード以上である事も最低の条件に挙げられる様です。